2009年06月07日

減量のコツ

それからできれば塩分を控えめに料理すれば薄味となり食べる量を調節できます。こんにゃくやおから等の脂分がほとんどなくローカロリーな食べものを使って体に良い食を多めに補うようにすると楽です。ガルシニアは空腹感をやわらげ、脂分を合成する酵素の働きをコントロールするため、過剰な油脂を抑えます。ガルシニアを摂るするのは、食事の30分前がよいです。日常的に糖質の多いコーラなどを避け、緑茶などの体にいい飲み物を飲みましょう。


7年間とかの期間をかけて痩せたら、きつい努力を無駄にしたくないと思うので、突然リバウンドすることは少ないそうです。三日坊主は解決したいですね。1ヶ月間とかの運動にはモチベーションのキープと計画性が大切でしょう。メタボがひどかった男性の友達は、ゴルフを体にいいエクササイズとして活用しています。ゴルフは意外とすごくタフなスポーツなんですね。あるモニターを読んで足やせのトレーニングを実践したら、余計に太くなってしまったというひともいるらしいので、注意も必要です。


内臓脂肪症候群の予防をかねてウォーキングをしたりローラーでスポーツしたりというのが、有酸素運動として最適と言えます。毎日できるワンポイントですが、椅子に座るときは背もたれに持たれず、なるべく背筋をのばして座ることを持続したほうが筋量アップにつながり基礎代謝がアップします。アクアビクスという体操は、水中でのエアロビクスで、泳ぐのがハードなかたや、エアロビのような激しいエクササイズはちょっとという人にもお勧めできます。金魚運動の器具のエクササイズでは、腸の働きが活発になり便通の改善にも本当に有効です。何より有酸素運動になるのでダイエットとしても注目されています。





posted by ダイエット好きっ子 at 15:00| ダイエットの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダイエットの豆知識」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。